マネージドPKI & クラウドRADIUSSecureW2 supported by Pentio

SecureW2の機能

マネージドPKI

新世代のマネージドPKIサービスです。
OneLoginなどのIDaaS (IdP) と連携した証明書自動発行や、SCEP (Simple Certificate Enrollment Protocol) による証明書発行に対応します。

クラウドRADIUS

VPNやWi-Fiの認証を統合するメンテナンスフリーのクラウド型RADIUSサービスです。複数地域・複数拠点にあるすべてのネットワーク機器に対する認証を束ねる統合認証基盤として利用できます。

オンボーディング

証明書が必要なユーザーに対して自動あるいはセルフサービスで証明書を発行します。主要MDMとの連携による自動配布に加え、SecureW2独自のオンボーディングソフトウエアを提供します。

マネージドPKI

証明書発行サービスは、鍵長・暗号アルゴリズム・鍵用途・有効期間などを個別に指定して証明書を発行できます。SecureW2は、証明書発行するユーザー情報をOneLoginなどのIdPへのSAML認証返答で受け取り、自動的に証明書発行します。もちろん業務に最適化した認証局構成を作成することも可能で、ひとつのルート認証局の配下に、業務ごとの中間認証局を作成して、証明書発行機関を多段階に構成することもできます。
さらに、SecureW2のマネージドPKIサービスは、証明書発行したデバイス情報を保持し、世界主要MDMサービスとの連携を実現します。また、YubiKeyで利用する証明書発行が管理者不在で実施可能です。

クラウドRADIUS

証明書認証を仲介するVPN機器やWi-Fi無線LAN機器からの認証要求に応えるRADIUSサービスです。
クライアント端末が持つVPN機器で利用するSSL証明書や、無線LAN認証で利用するEAP-TLS証明書に、対向する相互の認証判定を提供します。これまではネットワーク機器オプションや、専用アプライアンス機器で構築することが一般的でしたが、クラウドサービスとして提供する画期的なサービスです。
これは日本のマネージドPKIサービスでは提供されていない機能です。

オンボーディング

証明書をデバイスを特定して配布するサービスです。
証明書配布サービスは、世界主要MDMサービス(AirWatch、Jamf、Intune、MobileIronなど)連携による証明書配布に対応します。Appleなど主要デバイスでは、SCEP(Simple Certificate Enrollment Protocol)を使用して証明書を認証局から自動取得する連携によりゼロタッチオンボーディングを可能とします。
また、SecureW2オリジナルオンボーディングソフトウエアを活用して証明書配布も可能です。

価格・お問い合わせ

製品に関するご相談、見積りの依頼はこちら

SecureW2のサービス利用料金はデバイス1台ごとの年間サービス料金になります。

掲載メディア

2020年11月02日
ペンティオ、マネージドPKIおよびクラウドRADIUS機能を提供する『SecureW2』を販売開始」としてクラウド Watchに掲載されました。