PKI認証デバイス/プライベート認証ソリューション
連携ソリューション
ハードディスク暗号化
クライアントPCのBIOSレベルでのPC起動制御やPC内のディスク暗号化ができます。
クライアントメール暗号化
電子メールの暗号化だけでなく、デジタル署名、AIMトラフィック暗号化、ファイル暗号化、ディスク暗号化ができます。
Webサイト認証
代表的なWebサーバ(Apache/IIS)でのアクセス認証ができます。
業務サーバ/
グループウェア認証
SSOリバースプロキシ型との組合せで、グループウェアや複数の業務サーバへのアクセス認証が証明書(秘密鍵)でできるようなります。
ネットワークストレージ認証
Webブラウザから、Webサーバ上のファイルやフォルダを操作できるWebDAVでの証明書によるアクセス認証が可能です。
リモートアクセス認証
SSL-VPN製品との組み合わせにより、インターネットなど公衆回線を通じてのリモートアクセス環境を構築します。
無線LAN認証
RADIUSサーバとの組み合わせで、企業利用無線LANでのセキュリティへの脅威、「不正アクセス」「盗聴」に対する有効な対策となります。
企業間文書署名
秘密鍵(証明書)をUSBトークンに格納して使うことで、パスワード利用のウィークポイントを改善します。
企業間メール署名/暗号化
世界標準のメール暗号化ツールとの組み合わせにより、さらに強固なクライアントメール暗号化が可能になります。
スマートカードログオン
プライベート認証局(プライベートCA)でPKI証明書を発行し、USBトークンを使ってMicrosfot® Windows®のActive Directory®環境へのスマートカードログオンを実現できます
PGP Desktop 導入事例
ホームソリューションクライアントメール暗号化(PGP® Desktop)
12
クライアントメール暗号化

クライアントメール暗号化(PGP® Desktop)

プライベート認証局(プライベートCA)+PKI USBトークン 2100+PGP Desktop Professional
プライベート認証局
PKI USBトークン 2100
PGP® Desktop

世界標準の電子メール暗号化ソフトウェア PGP® Desktop Professionalの暗号鍵格納デバイスとして、ペンティオ PKI USBトークンが利用できます。通常のパスワード認証ではなく、PCとは物理的に異なる認証デバイスを用いることにより、本人認証がより強化されます。さらに、PKI認証局プライベート認証局(プライベートCA)で発行したPKI証明書(秘密鍵)をPGP Desktop Professionalの暗号鍵にすることで、リモートアクセス認証など、クライアントメール暗号化以外の様々な用途にも同一のUSBトークンを併用することが可能になります。

パンフレット(PDF)のダウンロード
連携概要

PGP Desktop Professionalは電子メールの暗号化をはじめ、インスタントメッセージ、ディスク、リムーバブルメディアに含まれるデータを暗号化して保護できるソフトウェアです。クライアントPCにおいて、ビジネス上の機密情報を保護するための統合的なソリューションです。

USBトークン上に暗号鍵を生成
署名/復号時の2因子認証を可能に

PGPはペンティオ PKI USBトークン上への暗号鍵生成を標準でサポートしています。USBトークン上に暗号鍵を生成すると、メッセージ送信の際の署名利用と受信したPGPメッセージの復号時に、PCへのUSBトークン挿入とUSBトークンのPINコード(パスフレーズ)入力が必要になります。 通常のパスワード以外に、ハードウェアトークンを加えた2因子の認証を実施することで本人認証をより強化することが可能です。

「PGP Desktop 鍵生成アシスタント」画面
「PGP Desktop 鍵生成アシスタント」画面で、トークン上への鍵生成 が選択可能

ディスク、ボリュームおよび ファイルの暗号化

仮想ディスク領域を新規に作成し、暗号化/復号することもできます
仮想ディスク領域を新規に作成し、暗号化/復号するこ ともできます

PGP Desktopは電子メールの暗号化以外にPCディスク、外付けドライブ、USBフラッシュメモリなどに保存されるコンテンツすべてをロックダウンするPGPディスク全体暗号化(Whole Disk Encryption)機能も備わっています。 ディスク暗号化・復号時の暗号鍵もUSBトークンに保存することが可能で、もちろんこの暗号鍵はPGPメール利用時のものと共有することが可能です。

プライベート認証局発行のPKI証明書を利用可能

PGP暗号鍵として、プライベート認証局(プライベートCA)で発行したPKI証明書(秘密鍵)を利用することもできます。もちろん、PKI証明書はリモートアクセス認証など様々な用途にも併用できるので、USBトークンに証明書を格納すれば、トークンひとつで様々な認証ソリューションの実現が可能です。

PGP Desktop Professionalとは

PGP Desktop Professionalは共通鍵暗号方式と公開鍵暗号方式の2種類の暗号化方式を併用し企業内のデータ、電子メールを暗号化するクライアントタイプのメール暗号化ソフトです。クライアントごとに暗号化・復号を行います。セキュリティポリシーを維持するため、ユーザの公開鍵、秘密鍵(鍵ペア)の生成、他ユーザの公開鍵の管理ツールも用意されています。最新のPGP Desktop Professional9.5では、電子メールの暗号化だけでなく、デジタル署名、AIMトラフィック暗号化、ファイル暗号化、ディスク暗号化の機能も提供します。

PGP Desktop Professionalの特長

グロバールスタンダードな
メール暗号化ソフトウェア

米国のFortune® 100に選ばれた企業の8割以上が使用している実績があります。

2つの暗号化方式を併用

共通鍵暗号化方式と公開鍵暗号化方式の2種類の暗号化方式を併用することにより、強度の高い暗号化が可能になります。

簡単で自動的な運用

一度セキュリティポリシーを設定するだけで、自動的にメッセージの暗号化・復号、電子署名が行われます。

Windowsユーザアカウント単位で
導入可能

デスクトップ単位での導入が可能ですので、SOHOや小企業だけなく、個別の企業ユーザや重要部門ごとでの導入ができます。

WindowsだけでなくMacにも対応

クライアントPCの対応OSはWindowsだけでなく、Mac OS Xにも対応しています。

ディスク全体暗号化
(Whole Disk Encryption)

デスクトップPCの一時ファイル、OSのスワップファイル及びPCのディスク全体が暗号化できます。

仮想ディスク暗号化

仮想ディスク領域の暗号化も可能で、ディスク全体暗号化との併用もできます。

12