PKI認証デバイス/プライベート認証ソリューション
HOME
プレスリリース [2006/6/26]
[2006/6/26]PRESS RELEASE

エヌ・シー・エル・コミュニケーション株式会社FIPS140-1認定SecureDoc®と
ペンティオ株式会社FIPS140-2認定モジュール搭載ペンティオ PKI USBトークン 2100が連携、
米国連邦情報処理標準規格(FIPS)認定ハードディスク完全暗号化ソフトウェアと
認証USBデバイスの組み合わせでPCセキュリティが強固になります

常に先進のCTIやネットワークストレージ、ITセキュリティ関連製品を提供しているエヌ・シー・エル・コミュニケーション株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:織田 博靖、以下「NCLC」)が代理店として扱うカナダ WinMagic社のハードディスク完全暗号化ソフトウェアSecureDoc®にペンティオ株式会社(東京都新宿区、代表取締役:長谷川晴彦、以下ペンティオ)のペンティオ PKI USBトークン 2100が連携されました。

SecureDoc®とペンティオ PKI USBトークン 2100は、それぞれ米国連邦情報処理標準規格であるFIPS140-1取得、FIPS140-2取得モジュール搭載と世界的なセキュリティレベルのハードディスク暗号化ソフトウェアと認証USBデバイスの組み合わせで、PCセキュリティが強固になります。

クライアントPCの起動制御、ハードディスク(HDD)暗号化を行うソフトウェア製品のSecureDoc®と認証デバイス ペンティオ PKI USBトークン 2100を組み合わせることにより、今まで単独での使用ではできなかった、

  • SecureDoc®の暗号鍵をペンティオ PKI USBトークン 2100内の鍵で更に暗号化をするため、PC起動時の本人認証セキュリティを強化がすることができます。
  • 今までのPKI証明書認証利用との併用も可能ですので、モバイルアクセス時のセキュリティも強化されます。
  • ペンティオ PKI USBトークン 2100は、使用後にPC内部に証明書(秘密鍵)が残りませんので、SecureDoc®と組み合わせることにより、盗難などに対しての物理的な情報漏洩防止にもなります。

SecureDoc®はクライアントPCの起動制御、ハードディスク(HDD)暗号化を行い、組織を情報漏えいから守るソフトウェア製品です。ハードディスクを丸ごと暗号化するため、ディスク内の全ての情報を漏洩から守ることができ、企業の個人情報保護などのセキュリティを確保します。ファイルを、メールに添付する時やファイルサーバ・リムーバブルメディアへ保存する時に、データを暗号化することもできます。

ペンティオ PKI USBトークン 2100は、ペンティオ PKI プライベートCAなどで発行した証明書(及び秘密鍵)を安全に利用できる証明書(及び秘密鍵)格納トークンで、PKI証明書・秘密鍵の格納、VPNアクセス(IPSec/SSL)、ウェブアクセス/リモートアクセス、ネットワークへのログオン、e-mail暗号化などでご利用頂け、既に日本国内で数万個を超える販売実績を持ち、NTTグループ各社をはじめ大手企業に提供され、東京大学をはじめ大学・大学病院などに導入されています。

SecureDoc®の特長

  • PCのディスク(HDD)を丸ごと暗号化
  • BIOSレベルでの認証を要求、USBトークンやICカードによる認証が可能
  • FDやUSBメモリも丸ごと暗号化
  • Common Criteria認定、FIPS140-1Level2認定、NSA認定を全て取得
  • 世界で100万クライアント、米国防総省採用の実績

ペンティオ PKI USBトークン 2100の特長

  • PKI ICチップ(Smart Card Chip)を搭載し、鍵ペア(公開鍵、秘密鍵)をトークン内部で生成可能
  • CA証明書(ルート証明書、中間証明書)も格納可能
  • Mac OS X、LinuxのPKI利用対応
  • FIPS140-2 Level 2 認定モジュール搭載
  • ユーザ、管理者用ユーティリティソフトウェア日本語対応

商品名称と価格

SecureDoc® Disk encryption Version 4.1Jライセンス

(型番WMUS-SD4-425) 標準クライアントライセンス(ライセンス数25-49)
価格(お問合せ下さい)

※ サーバライセンスSecureDoc® Enterprise Server Vresion4.1Jもご用意しております。

ペンティオ PKI USBトークン 2100

(型式PUB-2132B) 10個
OPEN価格

※ ご注文は10個単位になります。

SecureDoc®+ペンティオ PKI USBトークンの詳細はこちら

ペンティオ PKI USBトークン 2100の詳細はこちら

エヌ・シー・エル コミュニケーション株式会社ご紹介

エヌ・シー・エル コミュニケーション株式会社は、ネットワークに携わるストレージ、セキュリティ、コンピュータテレフォニーの世界的先進製品を日本市場に紹介、販売をおこなっています。詳細は、http://www.nclc.co.jp/をご覧ください。

〒103-0001東京都中央区日本橋小伝馬町4-9 小伝馬町新日本橋ビル6F
TEL:03-3667-0775(代表) FAX:03-3667-2675

ペンティオ株式会社について

ペンティオ株式会社は、PKI鍵基盤技術をご提供しております。インターネットで一般的となったPKIセキュリティ技術を運営するCA局・RA局機能のペンティオ PKI プライベートCAで発行した証明書を、使いやすいUSBトークン(秘密鍵)に格納してご利用いただきます。リーズナブルな価格でご提供するため多くの企業様の社内システムや業務システムでご利用いただいております。詳細は、http://www.pentio.comをご覧ください。

Pentio | INTERNET SYSTEM ARCHITECT PKIソリューション事業部/長谷川 晴彦(はせがわ はるひこ)
東京都新宿区四谷 2-4 久保ビル3F Tel. 03-5919-0971 Fax. 03-5919-0980
http://www.pentio.com/

本件に関するお問い合わせ先

ペンティオ株式会社 PKIソリューション事業部 越口・池田
TEL:03-5919-0971 FAX:03-5919-0980 e-mail:sales@pentio.com

※ 本文中に記載されている製品名、および社名はそれぞれ各社の商標、または登録商標です。