PKI認証デバイス/プライベート認証ソリューション
HOME
タイムサーバ製品
NTP・時刻同期ソリューション
SEIKOのタイムモニター わずかな誤差も見逃さない時刻監視装置

SEIKOのタイムモニター わずかな誤差も見逃さない時刻監視装置

サーバーやネットワーク機器の時刻の誤差や同期状態を監視し、時刻のズレを通知。
製品カタログ・データシート

サーバやネットワーク機器の時刻監視

TM-2110は、ネットワーク経由で時刻情報を同期させているサーバやネットワーク機器などが、常に正しい時刻で動作しているかを監視するアプライアンス製品です。
NTPパケットを監視対象機器に送信することにより、時刻誤差の測定や動機状態の確認が可能。時刻のズレを検知すると、メールやSNMPで通知を行います。

TM紹介図

TM-2110 特長

● 特長1 NTPプロトコルを使用する機器が監視対象

ネットワークタイムサーバ、PCサーバ(UNIX系OS、Windowsサーバ)、ネットワーク機器(ルータ、スイッチなど)、その他ネットワーク接続機器(プリンタ複合機など)、NTPをサポートしている機器の監視が可能です。

● 特長2 時刻同期状態監視機能

時刻誤差監視、遅延時間監視に加えて、NTPによる生存監視や、最終同期時刻のチェック、うるう秒指示子チェックが可能です。 時刻のズレを検知すると、メールやSNMPで通知を行います。

● 特長3 ラックマウント標準

ラックマウントに最適な19インチ1Uサイズです。

● 特長4 監視データ管理機能

統計情報データをCSV形式で出力できるので、詳細監視レポートなどの資料が容易に作成できます。

● 特長5 使いやすさを徹底追求

日本語表示のブラウザで各種設定が容易。 また、時刻監視状態が一目で確認できる前面LEDランプの装備など、ユーザーニーズにきめ細かく対応しています。

TM-2110 仕様

タイムモニタ TM-2110
ネットワーク プロトコル UDP/IP、TCP/IP、HTTP、SNMP、NTP、SNTP
LANインターフェイス 10BASE-T / 100BASE-TX 1ポート
時計部 内蔵水晶精度※1 日差最大±10ms(+25ºC)
時刻修正方式:NTPサーバと同期する必要があります。(GPSタイプ推奨)
認証方式 MD5認証、Autokey
時計部 内蔵水晶精度 ※1 日差最大±100ms (+25ºC)
本体諸元 定格電圧 AC100V±10% (50/60Hz)
消費電力 7W
発熱量 25kJ/h
温度条件 0~40ºC
湿度条件 20~80% RH (結露しないこと)
設置方式 ラックマウント(取付金具付属)
外形寸法 430(W)×280(D)×44(H) mm
質量 約3.7kg
EMI VCCI-A適合
※1 記載されている精度は工場出荷時の値であり、ご使用の環境により変動します。

Pentio PKI USBトークン 3300に関するお問い合わせはこちら

導入事例 東京大学大学院情報学環様
製品カタログ・データシート