PKI認証デバイス/プライベート認証ソリューション
HOME
タイムサーバ製品
NTP・時刻同期ソリューション
SEIKOのタイムサーバTS2950 調査・導入と自社サーバの時刻同期設定サービスパッケージ

PHP&NTP対応タイムサーバープロ
セシウム原子時計素子搭載

タイムサーバTS2950の構築で必要な時刻ソース選定訪問調査と、導入。さらにクライアントやゲストマシンの時刻補正設定支援をまとめたパッケージ
製品カタログ・データシート

タイムサーバーTS-2950について

Time Server Pro. TS-2950は、ネットワークに接続されたパソコンやサーバなどに正確な時刻を供給するためのアプライアンス機器です。
本製品は、GNSS(GPS)を時刻源とするストラタム1のPTP/NTPサーバです。一時的に時刻源から時刻源情報を取得できない場合でも、内蔵の高精度オシレータにより時刻同期を継続することが可能です。
また、LANポート1はPTP時刻同期に対応しています。PTPを用いることでより格段に高精度な時刻同期が可能になります。
■高感度GNSS(GPS)受信機搭載
■高精度オシレータ セシウム原子時計素子搭載
■PTP対応グランドマスタークロック
■機能充実のNTPサーバ

GNSS(GPS)時刻ソース 訪問電波測定

TS-2950の時刻ソース(タイムソース/時刻源)はGNSS(GPS)タイプです。将来はGNSS(GPS)⇔光テレホンJJYタイプと動作設定をお選びいただけます。このどちらもGNSS(GPS)電波受信を行う場合は、タイムサーバーの設置環境においてGNSS(GPS)アンテナ工事が必要になります。 ペンティオは御社の設置環境に伺って電波状況を測定する調査をおこなっております。TS-2950 のGNSS(GPS)アンテナ設置に関してご不安な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

ネットワーク構成設計支援

PTP時刻同期はDelay Request-Response Default PTP profile, Peer-to-Peer Default PTP profileのプロファイルに対応します。また、SMPTEで規格されたSMPTE ST 2059-2 profileのプロファイルにも対応します。 ペンティオではTS-2950を用いて最適な時刻同期を実現するためのネットワーク構成など御社のシステムをトータルに設計支援します。

タイムサーバー設置サービス

NTP・タイムサーバー時刻同期
ソフトウェア提供

Pentio Time Software for NTPはWindowsサーバーやWindowsクライアントマシンと複数のTS-2950とを正確にNTP時刻同期させるソフトウェアです。

トータル保守サポートサービス

GNSS(GPS)アンテナ設置はもちろん、ネットワーク設計、タイムサーバー本体設置、タイムサーバー設定、クライアント時刻同期設定、などをトータルにタイムサーバー設置を支援させいただきます。

セイコー タイムサーバーの保守・サポートは
お気軽にお問い合せください

■GPSタイプ
米国国防省が運営するGPS衛星から配信されるデータにより時刻補正を行います。上空が良く開けた衛星が多数見える環境(屋上推奨)がないと正確なデータ受信できません。

GPSタイプ構成

■光テレホンJJYタイプ(近日予定)
「光回線による時刻供給システム」により電波の届かない建物、GNSS(GPS)が受信できない窓のない建物、地下などでも確実に高精度な時刻情報の取得が可能です。

FMタイプ構成

TS-2950特長

TS-2580 GPSアンテナ

● 特長1 高感度GNSS(GPS)受信機搭載

TS-2950は従来シリーズより高度なGNSS(GPS)受信機採用により、GPSを時刻ソースとすることで、± 50ナノ秒(PTP)と±1ミリ秒(NTP)の精度を実現。高精度の時刻を保持することができます。

● 特長2 高精度オシレータ セシウム原子時計素子搭載

高精度セシウム原子時計素子のさいようにより、ローカルクロック同期(ホールドオーバー)の時刻精度が、従来シリーズに比べ飛躍的に向上しました。


● 特長3 PTP対応グランドマスタークロック

PTPバージョン2に対応したグランドマスタークロックとして動作します。PTP対応機器はより高精度な時刻同期が可能です。Delay Request-Response Default PTP profile, Peer-to-Peer Default PTP profile, SMPTE ST 2059-2 profileに対応しました。

● 特長4 機能充実のNTPサーバー

timeserver_img_02 NTPバージョン3、バージョン4に対応。もちろんSNTPにも対応しておいますので、お客様のサーバー機器、クライアント機器などの時刻同期にご使用いただけます。

● 特長5 使いやすさを徹底追求

4つのイーサネットポートの搭載とパルス出力(1PPS、10MHz)の外部出力オプションを用意。複数ネットワークの対応や外部機器との連携を可能にしました。

TS-2950仕様

GPS⇔テレホンJJYタイプ・GPSタイプ・テレホンJJYタイプ共通
時刻ソース GNSS (GPS)、光テレホンJJY(サポート予定)
周波数ソース -
ホールドオーバー精度*1 CSAC (Cesium): 1マイクロ秒/1時間*2
OCXO Type-A :400ナノ秒/5時間 1.5マイクロ秒/24時間
閏秒対応 可能
サマータイム対応*3 対応可能
パルス出力 1PPS、10MHz
接点出力
LANインターフェース 10BASE-T / 100BASE-TX / 1000BASE-T ×4
PTP 使用可能インターフェース数 1
修正精度(GPSロック時) ±50ナノ秒
対応プロファイル Default profile
SMPTE ST 2059-2
対応プロトコル IPv4 UDP/ IPv6 UDP/Ethernet
Delayメカニズム Delay request-response
Peer delay
Syncメッセージ送信タイプ 1ステップ/2ステップ*4
処理能力(最大) Sync :128 パケット/秒
Delay_request (受信) : 16,384 パケット/秒
Delay_response (送信) : 128 パケット/秒
Announce : 8 パケット/秒
接続可能スレーブ数/台(最大) -
NTP 使用可能インターフェース数 3*6
修正精度 (GPSロック時) ±1ミリ秒
SNTP対応
Autokey認証
MD5認証
処理能力(推奨値) 14,000 パケット/秒
SyncEther -
TIME,、DAYTIME
HTTP、 HTTPS
Telnet、SSH接続
SNMP
syslog
メール通知
IPv6
VLAN -
諸元 TS-2950仕様
定格電圧 AC100V~AC240V±10% (50/60Hz) *6
定格電流 0.39A
消費電力 32W
発熱量 115kJ/h
温度条件 0~40 ℃
湿度条件 20~ 80% RH (結露しないこと)
設置方式 ラックマウント(取付金具付属)
外形寸法 430(W) x 500(D) x 44(H) mm (突起部を除く)
質量 約10kg
適合規格 VCCI-A、RoHS、電気用品安全法
オプション品 GNSSアンテナ、GPSアンテナポール、GPS延長ケーブル、GPSアンプ、GPSアレスタ 、電源モジュール、ファンモジュール、拡張モジュール、セシウムオシレーター

*1:ホールドオーバー精度要件に応じて、オシレーター(ハードウエア)を選択した場合の数値です。
*2:CSACは、0.3ppb/月(GPSアンロック時)と周波数長期安定性がOCXOと対して非常に優れています。
*3:詳細につきましては、日本国内でサマータイムの実施および運用が決定した場合に弊社ホームページでお知らせします。
*4:プロトコルが IPv6 UDPの場合は常に2ステップ動作となります。またPeer delay計測も常に2ステップで動作します。
*5:Source Address Based Routingに対応しています。
*6:AC100V以外でご使用の場合は、適合する日本国内向けの電源コードが別途必要となります。
*7:TS-2950-20においてBlack BurstもしくはTri-level Sync信号を選択した場合、GNSSは利用できません。

お問い合せはこちら

導入事例 東京大学大学院情報学環様
製品カタログ・データシート