PKI認証デバイス/プライベート認証ソリューション
HOME
PKI/OTP製品<TOP>
IC Card 3300Bio
IC Card 3300Bio | ICカード

IC Card 3300Bio

Windows 8、Windows 7 対応 指紋認証カード
Windows Biometric Framework (WBF)標準対応
2048bit RSA暗号に対応した次世代ICカード

『Pentio IC Card™ 3300Bio』は、Microsoft標準のWindows Biometric Frameworkに対応したICカードです。MicrosoftのWindowsログオン、Outlook、Officeアプリでの電子署名、EFS、BitLocker暗号化、DirectAccessリモートアクセスなどで、安全にご活用いただけます。証明書+指紋+PINのマルチファクターで、最高強度をご提供します。

  • 製品カタログ・データシート
  • 用途・接続検証

指紋センサーを搭載したパソコンでログオン

Pentio IC Card™ 3300Bio は、指紋センサーを搭載したパソコンでスマートカードログオンを実現します。
利用者は、パソコンに3300Bio を挿入して、ログオン画面を開き、指紋センサーをなぞることで本人判定してログオンすることが可能です。

Pentio USB Token? 3300 SM

RSA 2048bit公開鍵暗号※1、AES 256bit共通鍵暗号、SHA 256bitハッシュ関数、次世代暗号アルゴリズム搭載

Pentio IC Card™ 3300Bio の接触型ICチップは、長期間の利用で心配される暗号アルゴリズムの危殆化に対応できる「次世代暗号アルゴリズム」を採用し、「暗号2010年問題」などで心配される暗号強度にお応えします。 RSA 2048 bit公開鍵暗号、AES 256bit共通鍵暗号、SHA 256bitハッシュ関数をICチップで処理できます。

暗号2010年問題

FIPS140-2※2 Level3、Common Criteria EAL5+ セキュリティ認定モジュール搭載

Pentio IC Card™ 3300Bio の接触型ICチップは、暗号モジュールに関するセキュリティ要件の仕様を規定する米国連邦標準規格であるFIPS(Federal Information Processing Standards Publication)140-2のレベル3に認定された非常に信頼性の高いチップです。

FIPS140-2

Microsoft Minidriver に対応、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 自動搭載

Pentio IC Card™ 3300Bio を利用するミドルウェアソフトウェアは、近年のWindows環境においては自動搭載/標準搭載されておりすぐに使い始めることができます。これによりシステム管理者は、ICカードのミドルウェアの配布から解放されコンピュータシステムのTCO軽減に貢献します。コンシューマ/一般ユーザ向けサービス用ICカードとしてもご利用いただけます。 Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 ではPnPで自動搭載されます。 Windows Vista、Windows Server 2008に標準搭載されております。Windows XPではMicrosoft社Webサイトより入手できます。

ドライバの自動インストール

IDBridgeCT30 Gemalto IDBridge CT30
(スタンドオプションつき)

安価で高性能なUSB接続ICカードリーダー

  • インターフェース
  • USB2.0フルスピード (12Mbps)

  • PC/SCドライバサポート
  • Microsoft Windows 95、98、ME、NT4、2000、XP、Server 2008、Vista、7、8、8.1、CE5.0、 Mac OS X、Linux、Solaris

  • 価格
  • オープン価格(スタンドはオプション)

IDBridgeCT510 Gemalto IDBridge CT510

Express Card/54接触型インターフェースによるリーダ/ライタです。

  • ご利用可能なPentio IC Card™
  • Pentio IC Card™ 3300 C、3300 CL

  • インターフェース
  • Express Card/54

  • PC/SCドライバサポート
  • Microsoft Windows 8.1、 8、7、Vista、XP

  • 価格
  • オープン価格

※1 米国立標準技術研究所(NIST)は、暗号解読研究の動向やコンピュータの処理能力の向上といった要因を考慮した上で、2010年以降はRSA公開鍵暗号方式において、これまでの1024bitから2048bitへの移行を推奨しています。日本でも2048bitへの対応が進むことが予想されています。
※2 FIPS 140 (Federal Information Processing Standards Publication 140) -2暗号モジュールに関するセキュリティ要件の仕様を規定する米国連邦標準規格です。規格の最新版は2001年5月25日発行のFIPS 140-2です。

指紋の利用方法

1.指の登録

1.指の登録

指紋を登録する指を選んで、図の中から対象の指にあるラジオボタンを押します。
複数の指を登録できます。

2.指紋の読み込み

2.指紋の読み込み

指紋の登録は、指紋画像そのものを保存するのではありません。
指紋の特徴点を3300Bioカードに登録します。

3.アプリケーションでの利用

3.アプリケーションでの利用

MS Outlookでメールに署名する場合は、
メッセージ - オプションから「このメッセージに電子署名を付ける」を選択します。
すると、スマートカードによる電子署名が起動します。
3300Bioを搭載して、指紋リーダーをなぞれば電子署名ができます。

Pentio IC Card™ 3300Bio 仕様・価格

Pentio IC Card™ 3300Bio
型式 PIC-3362Bio




通信方式 接触(T=0)
証明書と標準化対応 PKCS#11、PKCS#12、MS CAPI、PC/SC、
X.509 v3 Certificate Storage、SSL v3、IPSec/IKE、ISO 7816 1-5
チップ 32bit
メモリ 62KB (Free)
アルゴリズム RSA2048、DES、3DES、AES256、SHA1、SHA256、MD5、HMAC
セキュリティ認証 FIPS140-2 Level3
Common Criteria EAL5+(chip)
Microsoft Base CSP Windows Server 2012 (64bit) , Windows 8.1 / 8 (64bit) , Windows 8.1 / 8 (32bit) , Windows Server 2008 R2 (64bit) , Windows 7 (64bit) , Windows 7 (32bit) , Windows Server 2008 , Windows Vista SP1 and SP2 , Windows Server 2003 , Windows XP SP3
PKCS#11 Windows各種
Mac OS X
Linux (Red Hat Linux、SUSE Linux、Debian、Ubuntu)
Oracle Solaris
管理ツール ローカル管理ソフトウェア
Pentio Management Tool
(Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2008)
価格 オープン価格

対応指紋センサー

Precise Biometrics / UPEK Sensors / AuthenTec Sensors etc.

3300Bio主な対応アプリケーション

■ Microsoft Office (Word, Excel and PowerPoint) for digital signature of documents
■ Microsoft Outlook for digital signatures and encryption of email
■ Microsoft Internet Explorer
■ Encrypting File System (EFS)
■ Other Microsoft applications supporting Windows Smart Card Framework(e.g. Direct Access, BitLocker)
■ Third-party applications on Windows 7 supporting Smart Card Framework

代表的な連携ソリューション

Webサイト認証 Apache/IIS

代表的なWebサーバであるApacheとIISでのアクセス認証ができます。

業務サーバ/グループウェア認証(SSO)

リバースプロキシ型シングルサインオン(SSO)との組み合わせで、グループウェアや複数の業務サーバへのアクセス認証を、1回の証明書(秘密鍵)認証でできるようになります。

ネットワークストレージ認証(WebDAV)

PCのブラウザからWebサーバ上のファイルやフォルダを簡単にアップロード/ダウンロードできるWebDAVで、PKI証明書によるアクセス認証を実施できます。

リモートアクセス認証FirePassシリース

sol_f5

SSL-VPNアプライアンスとの組み合わせで、セキュアなリモートアクセスが可能 になります。

無線LAN認証Enterpras Std

sol_stellar

RADIUSサーバとの組み合わせで、強固で使い勝手のよい無線LAN認証基盤を構築できます。

PDF文書電子署名Adobe Acrobat

Office文書作成時にPKI証明書(秘密鍵)を用いて、デジタル署名を利用できます。

Office文書電子署名

Office文書作成時にPKI証明書(秘密鍵)を用いて、デジタル署名を利用できます。